2007年10月04日

社会保険労務士 講座

英語学習指導の場合、日本ではやはり受験英語、試験のための英語学習指導になることが多いのが実情だ。


英語学習指導では、まず単語を覚えさせることに力を注ぐ。たくさんの単語を覚えておけば、長文であってもすぐ理解できるということだろうか。果たしてそうなのか。


英語の文章を読んでいると、それほど難しい単語が出てくるわけではない。わからない単語があっても、文章の前後でなんとなくわかるものである。また、実際の会話では中学英語で習った単語を理解していれば、あとは身振り手振りでなんとかなることもある。


英語学習指導においては、日本では使えない英語を勉強させているといっても過言ではない。英語の音に慣れ、英語で理解し、英語で答える、話すことができるようにしていけば、指導する側も、また教えられる側も、もっと英語が楽しいものになるのではなかろうか。


英語は何のためにに学習するのか、指導する側はもっと真剣に理解すべきだと思う。



社会保険労務士の資格を取りたいのですが、全くの初心者です。子供もおります。お...
社会保険労務士の資格を取りたいのですが、全くの初心者です。子供もおります。お勧めの通信講座、もしくは学校がありましたら教えてください。(続きを読む)




社会保険労務士試験に楽しく合格!覚えることが多い
社会保険労務士の氷上伸也といいます。 兵庫県神戸市で社会保険労務士を開業しています。 今回から読者になっていただいた方、はじめまして。 今回、メルマガを発行するのは4回目です。 このメルマガでは、 社会保険労務士試験に楽しく合格するための ...(続きを読む)



posted by 講座について at 20:25 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。