2007年09月08日

社会保険労務士 講座

NIEとは、Newspaper in Education の略で「教育に新聞を」という意味です。文字離れを深刻に考えたアメリカのある新聞社と米国教育協会とが、1955年に共同で始めたのが始まりです。我が国では1989年から教育界に新聞各社が協力する形で進められ、98年からは財団法人日本新聞教育文化財団が推進本部となり今に至っています。


NIEは学校・家庭・社会など教育の場で新聞を活用しようとするものです。過去においても新聞を活用した教育はされてはいましたが、個人レベルでの試みでした。


NIEの狙いは、新聞社と学習指導者である教師が協力しあって新聞活用法を研究し、その成果を組織的に共有・発展させることにあります。


NIEでは学習指導として新聞を切り抜きで使うのではなく、丸ごと使うという特色があります。NIEでは新聞の読み方を学ぶとともに、数ある記事の中から自分で選択した記事で学習を進めていくといった、子どもに主体性をもたせることに意味があります。


社会保険労務士の資格を取りたいのですが、全くの初心者です。子供もおります。お...
社会保険労務士の資格を取りたいのですが、全くの初心者です。子供もおります。お勧めの通信講座、もしくは学校がありましたら教えてください。(続きを読む)




「就業規則作成講座」を開講します
就業規則の機能を、次の3つの切り口から解説します。 「なぜ作らなくてはいけないのか?」 単に「法律で決まっているから」というだけではない、就業規則の戦略的意味をご理解いただけるようにしていきます。 1)コンプライアンス 2)労務リスク管理 ...(続きを読む)



posted by 講座について at 09:22 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。