2007年07月15日

超さん 講座

情報教育については平成9年に文部省(現在は「文部科学省」)が目標を出している。すなわち、


1.情報活用の実践力

2.情報の科学的な理解

3.情報社会に参画する態度


である。


学習指導の実際の現場では、まだ十分に情報教育が浸透しきっていないのが現状だろう。情報化社会の現代、子どもたちにインターネット等を使った学習指導を行う場合、パソコン操作を教えるだけでは十分ではない。「情報を取り入れる」「情報を自分で判断・理解する」「情報を発信する」というプロセスも理解させることが必要になってくる。


よって、情報教育においては、コミュニケーションのとり方をはじめ、文章能力、表現力、判断力、道徳等々の指導も要求される。また得る情報が大量なため、情報をどう活用するかということの指導も重要な課題であるといえる。なぜなら、お互いの顔を見なくても、チャットやメールのような言葉だけの世界が広がっているのがインターネットなのだ。そこでは子どもは被害者になるだけではない。加害者になることもあるのだ。


情報教育は、教育現場での学習指導にとどまらず、親である大人もいっしょに受ける必要があるのではないだろうか。





1500人斬り「超さん」の究極のSEX講座愛とラポール
1500人斬り「超さん」の究極のSEX講座◆愛とラポール◆ 発売以来、1万冊突破のロングセラー◆愛とラポール◆ 「愛とラポール」の内容は、目からウロコが出てくる内容ばかりです。初心者からプロまで、イラストが多くあるので、すぐに理解できるで ...(続きを読む)





posted by 講座について at 15:36 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。